肉体関係なし慰謝料の相場はどれくらいなの?

今回は、離婚に際して肉体関係なし慰謝料相場について解説しています。男性側から見た視点で解説していますので、その点は悪しからず。

まず、基本的な事実からお伝えしていきます。離婚に際して、慰謝料が請求できる行為というのは大きくわけて2つです。

慰謝料請求できるケース

①不貞行為
②暴力(DV)

これ以外のことでも、慰謝料請求することは可能ですが、概ねこの2つがベースだと思っていただいて間違いありません。

法律的には不法行為に基づく損害賠償(民法709条)ということになるので、なんらかの法律にひっかかる行為をしていないと慰謝料(損害賠償)は発生しないというのが基本です。

不貞行為とは?

今回は、①不貞行為についてが問題になります。まずは、不貞行為について書かれている民法の条文からです。

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
① 配偶者に不貞な行為があったとき。(民法770条1項)

条文に不貞行為がどういった行為かは書かれていませんが、肉体関係のある不倫のことをさします。そのため、肉体関係なしの慰謝料は0円になります。

本当に肉体関係なしであれば、慰謝料は発生しないというのが基本線です。

 

また、不貞行為をしていたとしても自分が認めたり、相手方の証拠がない限りは慰謝料をとられることはありません。

ホテルに一緒に入っているところが写真や動画に収められている。あるいは、LINEなどで証拠が残っていない限りは、基本的には慰謝料の支払い義務はありません。

 

これが大原則になります。また、不貞行為をしていた場合の慰謝料の金額は100万円~300万円が相場になります。

これは、慰謝料請求を裁判でおこされた時の金額になります。ここをまずは、おさえておく必要があります。ここを理解しておかないと、男性にとって不利なことになります。

 

それは、不貞行為の慰謝料の相場が100万円~300万円というのは裁判での判決だからです。協議離婚では、交渉次第でもっと多額をの慰謝料を支払っているケースがたくさんあるためです。

1000万円の慰謝料を払ってしまった後に、それを変更することはほぼ不可能です。民事の問題は、当人同士で決定したら100万円~300万円の相場は関係なく1000万の慰謝料でも問題ないのです。

 

なので、不貞行為の慰謝料相場が100万円~300万円であることを知り、協議離婚で相場より大きな金額を要求された時に、離婚裁判ではそんな金額にならないと主張しなければなりません

自分に責任があるからといって、大きな金額を要求された時に、そのすべて受け入れるのでは、どんどんあなたは追い込まれていきます。

肉体関係なしの慰謝料は0円

肉体関係なしの慰謝料は、0円であるということをここまでお伝えしてきました。そのため、肉体関係がないなら慰謝料は支払う必要はないとお伝えしてきました。

とはいえ、キスは大丈夫とか。一緒に寝るだけなら大丈夫とか。不貞行為に明確な基準があるわけではありません。

 

あなたのLINEに、それらしい感じのことが書かれていて証拠に残っているみたいな時は少額の慰謝料を支払うのも1つの方法です。

なぜなら、調停、裁判へと進んでいくと費用も時間もそれ以上にかかってしまうからです。

 

もし肉体関係が本当にないなら不貞行為はしていないと離婚協議の時にしっかり主張しましょう。だから、慰謝料は支払う気がないというべきです。

やましいことが少しあって、LINEを見られると恋人同士の関係が匂えるようなものが残っていたのであれば、少額の慰謝料で解決するというのが最もベターな解決策です

 

この場合の少額とは50万円以内になります。50万円~30万円ぐらいがいい金額かなと思います。そして、大事なことは書面にして清算条項を入れることです。

男性が離婚を有利に進める方法の記事でも書きましたが、必ず清算条項を入れておきましょう。

第●条(清算条項)
本契約書に記載したもののほか、なんら債権債務のないことを相互に確認する。

そういった一文を入れておくことで、追加で慰謝料を請求されることがなくなります。なので、一度慰謝料を払ったのであれば、それを書面に残しておきましょう。

 

そして、清算条項を入れておくことを覚えておきましょう。不貞行為の慰謝料は、不貞行為の事実を知ってから3年で時効になります。

しかし、契約書にして清算条項を入れておくことで今後の慰謝料に請求権がなくなりますので、非常に重要な部分になります。

まとめ

今回は、肉体関係なしの慰謝料相場について解説しました。肉体関係がないのであれば、本当に慰謝料は0円でOKです。

やましいことが多少なりともある場合は、50万円未満の慰謝料を支払って終わりにしてしまうのが最もベターかなと思います。

 

裁判になると、かかる費用や時間も大きいので決して得策とはいえません。なので、どこかで折り合いをつけることをおススメします。

1円たりとも支払いたくない気持ちは、ごもっともですが・・・相手は探偵を使って探っていることもあります。

 

そのあたりのことを考えると、少額の解決金というのも選択肢になります。真っ白なら突っぱねる。オフホワイトなら、少額の金額での解決を図るのがベターだと思います。

あなたにおススメのページ

離婚の慰謝料/性格の不一致のケース
離婚時に貯金は折半しなければならない?
共働きの夫婦の財産分与はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。